www.misspellr.com

小学校受験を経験しました。これは親が決めたことです。 小学校を受験するための準備は多くの場合、試験を受ける二年前から始まります。 子供たちはそこで計算、言語、常識、巧緻性、行動観察、運動技能などいろいろなことを 学びます。幼稚園の年少のころから学習はスタートするのです。 私立や国立の小学校の試験を突破するためには、こういった沢山の勉強をして 毎日頑張るのです。勉強したくない子供に親はなだめたりすかしたり、いろいろな手を 使って勉強させます。 それだけ頑張っていても、当日、体調が悪かったり、前日の遠足のせいで疲れていたり して本番で本領発揮できず、残念な結果に終わってしまうこともあります。 私立や国立を希望して勉強していたのに、公立に行くことになってしまった時の 親の失望ははかりしれません。どれだけのお金と時間を費やして勉強をしてきたのかと 辛い気持ちになります。 でも、子供はひとつの小学校にしか進学できません。他の学校とは比べられないのです。 ですから、進学した学校で楽しく過ごせればそれでいいのです。 どの学校が一番いいのかというのは、結果としてそこで楽しく充実した六年間を 過ごせたかどうかということなのです。 どこの学校に進学するにせよ、親は全力でそれをサポートしてあげなければなりません。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.misspellr.com All Rights Reserved.